和裁士からの伝言板

和裁士の「はたる」です。一級和裁技能士が着物や和裁のあれこれを綴ります。

作った袖を解説します!

先日の競技会で作った袖が返却されました。

作っている最中はちゃんとできているのかどうか、よく分からない状態だったので改めて見てみました。

 

 

デデン‼️

f:id:wasaihataru:20191204232348j:image

全体はこんな感じです。

 

今回の審査項目は

・袖口

・口下、袖底

・丸み

・振り

の4項目。

それぞれ100点満点で採点されます。

僕は審査の経験はありませんので、審査員の方々がどのように点数を決めているかはわかりません。

もちろん人によってどの様な事を重視するのか、何を基準としているのかは違ってくると思います。

今回は僕がどの様に感じたかを書いていきます。

それに加えて、どの様な事に注意して仕立てているのかも書いていきたいと思います。

 

まずはパッと見た感じですね。

フワッとモフモフでエアリーはダメ🙅‍♂️

余分な厚みを感じさせず、平面に近い出来上がりが良いです。

袷の袖なので、表袖・裏袖、口布があります。

口布がある部分は物理的に厚くなるわけですが、それをできるだけ感じさせない方が良いのです。

丸みの部分も縫い代が重なっていますが、その厚みも無い方が良いのです。

全体を見て厚みが少なく一定だと綺麗に見えます。

それと、きちんと四角いかどうか。

歪んでいてはいけません。

ではもう一度、デデン‼️

f:id:wasaihataru:20191204234403j:image

うん、厚みに関してはまぁまぁ。

歪みは、

f:id:wasaihataru:20191204234741j:image
f:id:wasaihataru:20191204234738j:image

おぅ、ちょっと歪んでます…

審査でこの様に物差しを置いて確認する事はありませんが、分かりやすいように置いてみました。

物差しが無くても歪みは分かりました。

口と振りの縦方向に縫いが入っている所は縮みやすいです。

振り側は問題無いですが、口側が少し縮んでいますね。

中央部分も何故か歪んでいる…

全体としては可もなく不可もなく。

 

では、細かく見ていきましょう。

 

袖口

f:id:wasaihataru:20191204234537j:image

f:id:wasaihataru:20191204235603j:image

やはり少し縮みがあります。

厚みは無いですね。

気になるのは、

f:id:wasaihataru:20191204235847j:image

この辺りの出吹(でぶき:表地から飛び出している口布の部分)の太さが少し揺れています。

躾で出吹の太さを決めるのですが、コテを当てた時に失敗したなと思いました。

あとは、
f:id:wasaihataru:20191204235843j:image

この部分。

写真では分かりにくいですが、なんだかフワッとしています。

縫い代が突っ張っているのが原因です。

構造上の問題で、縫い代が突っ張るのは仕方ないのです。

縫い代をコテでしっかり伸ばさないといけないのですが、伸ばしきれていません。

地味に難しい所です。

 

f:id:wasaihataru:20191205000914j:image

袖口の山(1番上の部分)はこの様に折れ曲がっています。

袖口だけではなく、2枚以上の布が一緒に折れ曲がっている場合は外回りの布と内回りの布が存在します。

折れ曲がった状態で違和感なく綺麗だという事は、真っ直ぐにするとこうなるという事です。
f:id:wasaihataru:20191205000910j:image

内回りの布に対して外回りの布が長くないといけません。

縫う時は真っ直ぐの状態なので、袖口の山の部分だけわざと表地が長くなるようにして縫います。

 

裏から見るとこの様になっているのですが

f:id:wasaihataru:20191205125645j:image

口布の下のラインが前袖と後袖でズレていますね。

口布の縫い代分だけズラしてあります。

口布がある部分と無い部分では当然厚みが違います。

もし同じ位置にしてしまうと、厚みが急激に変わってしまいます。

ズラす事により厚みの変化を緩やかにしています。

 

出来上がった時に平面になるように、色々な工夫が施されています。

 

口下・袖底

f:id:wasaihataru:20191205153252j:image

この袖口のすぐ下の部分はめちゃくちゃ難しい所です。

詳しい説明は省きますが、構造上かなり無理をしているのです。

真っ直ぐに出来上がってほしいのですが、ポコッと膨らみやすいですね。


f:id:wasaihataru:20191205153248j:image

この袖口から下の数㎝。

少し歪んでいます。

うーむ、難しい。

縫っている時に上手く出来ているかどうかが良く分からなくて、表返して初めて分かる。

そこから直すのは時間的にキビシイので一発勝負。

難しい…

 

袖底で気になったのはここ。

f:id:wasaihataru:20191205154418j:image

この角の所‼️

f:id:wasaihataru:20191205154518j:image

後袖が飛び出している(;´д`)

コテの仕上げでなんとか直そうとしましたが直りませんでした(◞‸◟)

縫いが悪いんですよね。結局。

ちょっとだけなんですけど、こういう角は目立ちます。

 

丸み

f:id:wasaihataru:20191207220631j:image

丸みは綺麗に円の1/4を作り出さないといけません。

丸い部分そのものはまぁ良いのですが、直線部分との繋がりが良くありませんでした。

口下から丸みに入る部分が歪んでいます。

丸みを絞る時に使う型紙と布の位置がズレたと思われます。

 

 

よくある失敗は、

f:id:wasaihataru:20191207222403j:image

直線部分が90°にはならずに広がってしまう。
f:id:wasaihataru:20191207222359j:image

丸みに膨らみが無い。

縫い曲がり、型紙の置き方、絞り方が失敗の原因になります。

 

振り

f:id:wasaihataru:20191207223810j:image

振りは真っ直ぐで袖巾が前後揃っていないといけません。

まぁまぁ真っ直ぐ。

袖巾は前後揃っています。

 

f:id:wasaihataru:20191207223722j:image

f:id:wasaihataru:20191207223741j:image

裏袖の控え(ひかえ:表地よりも狭くなっている部分)も揃っていないといけません。

ん〜、微妙…

 

振りの1番下はこの様に折れ曲がります。

f:id:wasaihataru:20191207224135j:image

袖口の1番上の部分と同じ事ですね。

外回りと内回りが存在しますから、表を長くして縫ってあります。
f:id:wasaihataru:20191207224138j:image

 

袖口とは違い、横方向にも縫い目があります。

折れ曲がった時に内側にある裏の袖底がちゃんと収まるように、裏の袖底の位置をほんの少しだけ上にズラしてあります。
f:id:wasaihataru:20191207224033j:image

 

 

袖を仕立てる時の注意点や、今回の仕上がりについて解説してみました。

綺麗に仕立てるためにどんな工夫がしてあるか、少しはわかっていただけたでしょうか。

仕上がりについては、大きなミスは無かったが細かいミスがチラホラチラホラ…

うーん、普通(。-_-。)

前回にも書いた様に、普段とは大きく違う環境での作業はなかなか100%の力を発揮できません。

80%の力が出せればまずまずです。

本番で満足できる仕上がりにするには練習で120%の力を出せるようにしておかないといけません。

今回は練習不足でしたね。

この様な競技に向けてでは無くても、普段からもっと向上心を持って作業をしないといけないなと痛感しました。

良い機会を与えてもらって感謝です。

年齢と共に体力や感覚など全てにおいて衰えます。

何も感じずに進んでいたら、それは確実に下り坂。

常に頑張る事でやっと維持できる。

そういうものですよね。

 

 

 

袖、難しい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村